iPhone不調〜復活

実は木曜日からiPhoneが不調だった。通勤時、いつものように駅でBylineでGoogle Readerの新着をチェックしていたら、突然SIMを認識しなくなった。

IMG_0004.PNG

今週は、仕事も忙しい。SoftbankショップにもApple Storeにも週末まで行く暇がなさそう。
つことで、木金土は自宅でWiFi接続のみ。カメラ付きiPodTouch状態のiPhone。

「iPhone SIMなし」でググルと 結構同じ症状が出てくる。どうやら、本体交換らしい。
ってことは、最初にAppleStore攻めるのが良いのか?

で、本日ようやく、休日出勤の帰りに修理?してきました。

最初は、某Apple Storeへ。ところが、Genius Barが激混みで、本日の予約はイッパイ。
月曜日の17時以降しか空いてないって、それは。。。理不尽とは知りつつも、Genius Barの予約担当のおにーさんに詰め寄る。

「なんとかなりませんかね。困ってるんですよ。」
「Softbankショップでも対応出来るかもしれないですね。大きめのお店ならって聞いたことが(。。。。約束はできないけど。。。。って雰囲気を漂わせながら)」

とりあえず、月曜日の予約だけ入れて店を後に。iPhoneが死んでるのでauの携帯で近くのソフトバンクショップを検索。
歩いて数分の所に比較的大きそうなショップを見つけたので、行ってみる。相当込んでるであろうコトを覚悟していったけど、待ちは0。ラッキー。

「SIMの不具合か、本体の不具合か確認します。」ということで、店頭デモ機からSIMを抜いて、自分のiPhoneに挿入。
あっさり、SIM認識。逆に、自分のiPhoneから抜いたSIMを店頭デモ機に挿入しても認識せず。

「SIMの不具合ですね。交換手数料として1XXX円かかりますが。。。」(一瞬訳がわからず、金額忘れた)
「はぁ?」「落としたとかなら、判りますけど、何もしてないでおかしくなって、なんで手数料が要るんですか?」
「あ、はい、少々お待ちください」

受付のおねえさんは、奥に引っ込んでしまった。
咄嗟に、文句が口をついて出てしまったけど、そんなに間違ってないよなぁ?と自問自答しながらしばらく待つ。

「あの、初期不良ということで対応させていただきますので、少々お待ちください」
再び待つ。今度はおねぇさん窓口カウンターの端末でなにやら作業中。ちょっと気まずい。
おねぇさん再度奥へ。奥から新しいSIMカード持って登場。端末でなにやら操作。
どうやら、処置終了らしく、新しいSIMカードが自分のiPhoneへ。
無事SIM認識して、いつものアンテナ4本+Softbankの文字が。

「ご確認ください」
「はい、大丈夫っす」

ということで、本体が新品になることをちょっと期待していたけど、結局SIMのみ交換。

原因が不明なんで、またいつ同じ症状が出るかも判らないけど、とりあえず、大きめのSoftbankショップに駆け込みで何とかなる場合があると言うことが判っただけでもOK。

あっ、某ショップのおねえさん、凄んでしまってごめんなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。