2011年3月11日

投稿日: カテゴリー

こんなこと書いている場合じゃ無いかもしれないけれど、ライフログとして残す意味と、少しでも気持ちを整理する意味でメモしてみる。

2011年3月11日 某最重要顧客との15時のアポイントのために14時15分ごろ会社を出て、山手線〜銀座線と乗り継いで虎ノ門へ。
虎ノ門駅改札を出て地下道を歩いているところで揺れを感じる。最初はゆっくりと。徐々に揺れが大きくなって危険を感じ、同行していた同期とともに最寄りの階段から地上へ。

地上に出ると、近隣のビルから出てきたとおぼしき人たちが多数、歩道からビルを見ている。霞ヶ関のビル群がユラユラと揺れている。
一旦、揺れが収まったので、最重要顧客のオフィスのあるビルへ。無論エレベーターは止まっているので階段でオフィス階へ。

最重要顧客との面会を済ませるも、直後に余震。このあたりで、iPhoneで震源近くの震度が7であることを確認。階段で下りる最中に余震が来る可能性を考えて、しばらくロビーで待つ。ちょっと落ち着いた感じになったので、移動開始。
でもやっぱり階段で余震を感じる。かなりの恐怖。

地下鉄が止まっているので、まずは、最寄りのJR駅、新橋まで歩く。新橋までのオフィス街では、ビルから避難してきた各社の社員たちがあふれている。
建物の大きな崩れは無いことはすぐに判ったけれど、一部のビルで壁のタイルがはがれたり、窓ガラスが割れている箇所があった。

新橋まで歩く間に、自宅、会社と電話を掛けてみるが一切通じず。iPhoneのネット接続も不安定。すれ違うヒトが電話をしていたりするので、繋がったり繋がらなかったりしてるんだろう事は想像出来る。今思えば、繰り返し電話Tryしていたことはあまり良くなかったな。

新橋駅烏森口に到着。駅からはヒトがあふれ、電車は止まっている。「運転再開の見込みが無い」「構内で待つ場合は余震により被害に備えて頭上注意」とのアナウンスの繰り返しが駅の外まで聞こえる。あてもなくしばらく待っている間に、妹よりの電話が繋がる。静岡の実家は問題無しが確認出来た。

JR復旧の目処が立たないので、このまま動かず夜を明かすことになるのはマズいなと判断、同期と相談して、とりあえず会社に歩いて戻る事にする。この時点で16時ぐらい。まずは、線路沿いに浜松町まで。浜松町直前のコンビニで、トイレを借りて、お茶を確保。コンビニを出た辺りで少し雨が降ってきたので、浜松町駅前のビルのロビーを借りて雨宿り&休憩。ここで、一旦自宅と電話繋がる。嫁に状況を説明。多分今夜帰れない事を告げる。

雨も止んできたので、移動再開。浜松町→田町間は、第一京浜沿いを歩く。ヒトが多く、自分のペースで歩けないこともあって、やや長く感じる。すぐに帰社出来るつもりで出かけたので、コートを着ていない事もあり、かなり寒い。田町駅前で一旦喫茶店休憩。カフェラテで暖を取る。18時頃、再出発。

第一京浜沿いを品川方面に歩く。人の波がすごい。車も品川方面に向けては、ほとんど動いていない。歩く方が早いぐらい。日は落ちたが風が無いので、寒さはなんとか耐えられるレベル。所々で行列を見つける。バス停の行列と公衆電話の行列だった。バスは乗れたとしても多分ものすごく時間かかるんだろうなぁ、と悲しくなる。公衆電話の行列見ると、自分は自宅と実家(間接的)に連絡が取れたのはラッキーだったんだということを、とてもありがたく思う。

下手したら暴動でも起きてもおかしくない状態で、歩道の人々は整然と、本当に整然と歩いている。時々車道に出てしまうヒトも居ないでは無いが。車のクラクションもほとんど聞こえない。飲食店も店を開いているところが少なからずある。なんて、安全な国なんだろうと改めて思う。品川駅前はやや混乱状態だった。ただし、「危ない」感じは一切無し、色々な方向に向かうヒトの流れが(マックで食事買おうとしているヒトも含め)混乱しているのみ。

田町から1時間30分ぐらいで会社に到着。途中2件のコンビニで、会社に残っているはずの同僚用に少し多めに食料調達。とはいえ、弁当・パンのたぐいは全て売り切れ。1件目のコンビニはカロリーメート的なものしか残っていないが仕方がない。買い占めというわけにも行かないので、適当に見繕って買っておく。2件目はカップラーメン的なものがまだ少し残っていた。あと、レンジでチンするご飯と、なんと桃ラーがあったので、購入。

会社には、半分ぐらいのメンバーが残っていた。比較的家が近いメンバーと、お子さんを預けているメンバーは帰宅済み。やや遠いメンバーも少し帰っていた。ふぅと落ち着いたところで時計は19時をすぎていた。

総務から館内放送で、「関東の鉄道が本日中に復旧する見込みは低い。無理をして帰宅しないように。宿泊用に毛布を配布する」とのアナウンスあり。ありがたい。

19時30分ごろから、残留メンバーでカップラーメンとインスタントご飯と桃ラーとスナック菓子で夕食。カロリーメート的なものは明日の朝食とすることで合意形成。おなかが満たされたら、少し安心すると供に、ぼんやりとした恐怖も芽生える。会社PCでネットニュース確認しながら、iPhoneでTwitterのタイムラインを確認。電気供給が逼迫していることを知り、会社PCは電源オフ。

残留メンバーの一部は、どうやら仕事している模様。仕事しないことを決めたメンバーで、業界バージョンモノポリーできを紛らわす。モノポリー初心者だらけで2時間。結局初心者女性が隠れたギャンブラーの才能を発揮して1位終了。22時すぎ。この時点で東急が運転再会の情報が入る。一瞬帰宅を考えるも、銀座線が再開後、混雑で運転最中止のニュースも同時に入手していたので、東急も万が一途中で止まるリスクを考え、会社宿泊を決断。自宅に電話入れる。
会社PCたちあげて、一旦メール確認。iPhoneでツイッター確認。iPadのReederでRSS確認。iPhoneとiPadの充電をセットして、普段使っている膝掛けを枕代わりに借りてきた毛布とでフロアに寝床を作って就寝23時過ぎ。

比較的よく眠れたが、揺れと寒さで4時頃に目覚める。寝起きの花粉症に悩まされながら、ネット情報もろもろを確認。東急が順調にしかも終夜運転で動いていること、横浜市営地下鉄も運転中を確認。一方で、この時点では、関東圏のJRはほとんど動いていない。宿泊組の同僚もぼちぼちと起きてくる。

カロリーメート的なものをもらって、朝食。身支度を調えて、同じ方面に変える後輩と供に最寄り駅に向かう。守衛所で念のための災害セット(レーションと水とアルミシートのパック)をもらう。

5時過ぎの大井町線は週末のこの時間とは思えない混雑。自分と同じように災害セットを抱えたヒトが多いところを見ると、会社で一夜を明かした人々が動き始めたのだろう。電車ののり付きは、想定していたこととは言えかなり良くない。動けるだけありがたいが、疲れがたまっている中、ちょっと辛い。電車の速度も落として運転していることもあり、普段の2倍近い時間を掛けて自宅に到着。

着替えをして、暖かいものを食べながらTVの画面に映し出される被災地の映像を見て愕然とする。辛いなしんどいなと思っていた昨日の自分の体験なぞ、足下にも及ばない恐怖を経験している方が居ることを改めて認識。

生存者の幸運を祈ると供に、被災により亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。