3連休の掘り出しモノ - Cream Reunion-

投稿日: カテゴリー

震災後の3連休、ガソリン不足な状態だったので、遠出はせず、近場のお散歩と読書とビデオ鑑賞ですごす1

そんな折、ちょっと出かけた買い物で、思いもよらぬ掘り出し物をゲットした。

地震の後、いつも会社帰りによっている書店がずっと早めの店じまいだったので自転車で近所の蔦谷書店へ。気になっていた雑誌2を立ち読みしたり、気になっていた写真集を立ち読みしたり、「出会い頭の新書か新刊本でも無いか?」と思ってうろうろすしたりして、小一時間過ごすが、収穫無し。今回は、ぴんとこなかった。品揃えはそれなりだけど、魅せるディスプレイになってない気がするなぁ。

なにも買わずに帰るのもしゃくなので、「読んでおこうかなぁ」と密林の「ほしい物リスト」にピックアップしていた新書、文庫のセコハンでも探そうかと、ブックオフに移動。文庫コーナーに寄る前に、普段ならあまり立ち寄らない音楽DVDコーナーにふらっと立ち寄る。「ほしい物リスト」の奥深くに保存されていたCreamのReunionライブ、まさかあるはずも無いだろうと「C」の棚を見ると。。。あった。しかも格安。定価以下。現在、密林では在庫無し3で、マーケットプレイスでは、中古でも12K円以上、新品に至っては17K円弱の高値がついているもの。DVD抜きの空ケースが陳列されていたので、盤の状態は確認出来ないけれども、ケースの状態を見る限りは悪くない。。。ということで即ゲット。その後、新書&文庫の棚を漁って佐藤雅彦の著作をいくつか、学問のすすめ 現代語訳などゲット。もう少し新書で収穫があるかと思ったけど、以外にダメだった。最後に単行本コーナーで今更ながらののぼうの城往復書簡 などピックアップ。合計で6K円強。

帰宅して、早速DVDを鑑賞。なぜ、これを発売当時に買わなかったのか、と後悔。思い出せば、「もしかして、更に特典映像が入った完全版とか出るかも。。。」と期待して購入が延び延びになって、そのうち気がつけば廃盤になっていたのだった。

本編DVD2枚組で全19曲。ロイヤルアルバートホールでの3 Daysのベストテイク4。ボーナストラック(別テイク)が3曲(Disc 1に2曲、Disc 2に1曲)とメンバーへのインタビュー(Disc 2に15分程度)。一気に見ました。嫁は横で寝てました。

リユニオン・ライヴ -アット・ロイヤル・アルバート・ホール2005 [DVD] by クリーム

エリック・クラプトンは、まぁ、近年の(といっても既に6年前だけど)映像はかなり見ているので驚きは少ない。Creamなのに、いつものシグネチャーストラトで、最近の音で演奏しているのに、最初は違和感があったが、曲が進むにつれて、これはこれで、「今の(6年前当時の)」クリームなんだと思えてきた(後述)。6年前ということを差し引いても、歌声に妙に若さが感じられたのは、あえて歌い方を変えていたのだろうか。

ジンジャー・ベイカー、見た目は絵に描いたようなイギリス人の爺(インタビューでの話ぶりもかなりの老人)になっているのに、嘘でしょ?というドラミングを披露してるのがかなりの驚き。なんと、TOADではドラムソロまで!!!。「ねずみといのしし」のボーカルは最後までいやがっていたらしいけど、あのドラム叩きながらの歌(というか超スローラップ?)は、実に味があってよろしい。ドラムはdwに金物はZilが多かったかな?かなり素直なチューニングでクリーンな分離も良い音でした。

ジャック・ブルースは当時、病床から復帰直後ということで、ステージには椅子が準備され、数曲は椅子に座ってプレーしていた。ジャックがブルースハープを演奏する映像というのははじめて見たけど、Rollin’ and Tumblingのプレーはなかなか良かった。HartkeのベースアンプにGibsonのEB3っぽいフレッティッドとWarwickのフレットレス。こちらも、音色はかなり素直で、往年の歪みっぽいサウンドとは一線を画すもの。

インタビューでもそれぞれが異口同音に語っていたが、メンバーそれぞれが「今の(6年前当時の)」音を出すことで、「今のクリームのサウンド」を構築していた。決して火花が散るようなインプロビゼーションの応酬では無いが、お互いの音を聞き、お互いの個性を尊重し「Good Music」を作ろうという気持ちのよーく見えてくる(聞こえてくる)好ライブ。廃盤になってしまっているのが惜しい。

あと、このメンバー(だけじゃ持たないかもしれないから、ゲストを呼んでの)新録が聞いてみたかった。いや、まだ3人とも存命なので、可能性は、ある。。。のかな?

追記:7年前→6年前の間違いでした。修正。

----------------------------------------------------
  1. ガソリンの残が無いわけでは無いが、嫁and/or自分の実家で何かあったときに往復出来るぐらいのガソリンは残しておきたかったので、遠出は避けた。 []
  2. 旧友挿絵を描いたらしい。なにげに、すごいことだ。が、自分の守備範囲の雑誌では無いので、購入はせず。 []
  3. つまり、廃盤 []
  4. 多くが最終日のテイクなのは、やっぱりこなれてきてるからかな? []

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。