国語 算数 理科 しごと そして… 反復の大切さ

投稿日: カテゴリー

読了【国語 算数 理科 しごと―子どもと話そう「働くことの意味と価値」

404 Blog Not Foundの記事で気になって、Amazonのマーケットプレイスで購入した1冊。

会計の基礎を勉強するつもりで読んだけど、一番心に残ったのは「しごと」に対する心構え。

小飼 弾氏は…

目頭が熱くなるほど感動したのが、以下の一言。

P. 23

「それで、お父さんなりの仕事の定義を考えてみたんだ。」

「どんな定義なの。」

「仕事とは、「約束を守ること」だと思っているんだ。」

刺さった。[From 404 Blog Not Found:仕事、約束、会計。 - 書評 – 国語算数理科しごと]

と「仕事とは、約束を守ること」に心を打たれている。

たしかに、これは、「刺さった」。
自分の心にもう一つ刺さったのは、終章(土曜日)の奥様との会話p.141あたりから、「単純な仕事…」に関する件。特に

父「その仕事が単純作業になってしまうかどうかは、本人の考え方によるところが大きいんだよ。…」

はい。目的意識を持って、仕事します。

国語 算数 理科 しごと―子どもと話そう「働くことの意味と価値」 by 岩谷 誠治

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。