Mavericks のクリーンインストールではまったこと(設定編)

先日のエントリで書いたのはクリーンインストールそのものではまった事。

今日のは、その後のアプリインストール→その設定ではまったこと。

自宅用のMacBook Proと、持ち歩き用のMacBook Airには基本同じアプリをインストールして、できる限り設定も同期させている。

最近のアプリはそのあたり上手いことやってくれて、iCloudやらDropBoxやら、独自のサーバーやらで設定からドラフト書類まで同期してくれるけど、そーでもないアプリの場合、preferenceファイルとかdraftフォルダの同期が必要。

そんなときに、活躍してくれるシンボリックリンクの設定していて、はまった。

MarsEdit1 の設定同期のためにPreferenceフォルダのplistファイルのシンボリックリンクを作成してみるのだが、何度やっても、上書きされてしまう。

悩んだあげくに、ここはやっぱりGoogle先生。ありました。Mavericksからの仕様らしい。

更に読んでいくと、コメント欄にこんな記述がありました。

「PROBLEM: Mac OS 10.9 Mavericks creates cache for every plist file.」

Mervericksがリリースされた頃にそんな記事を読んだような記憶が甦りました。

Marvericksは、Preferencesフォルダのplistファイルを削除しても、キャッシュしてあるデータから復元してしまうようです。

これは困った。これでは、設定を読み込むことが出来ません。更に読み進んでいくと解決方法が書いてありました。

手順としては、上記の1.2.のあとに、

3.再起動をする。

というものです。

[From ScanSnapの読み取り設定をクリーンインストールしたMac(Mervericks)に移行してみた:ヤギブク:So-netブログ]

再起動か。Macで設定変更時の王道・鉄則じゃないか。

 

MarsEdit – the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more. App

カテゴリ: ソーシャルネットワーキング

価格: ¥4,000

----------------------------------------------------
  1. このエントリもMarsEditで書いています []

“Mavericks のクリーンインストールではまったこと(設定編)” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。