Bring the Family: John Hiatt (1987)

投稿日: カテゴリー
Bring the Family (Hybrid) (Hybr)
Bring the Family (Hybrid) (Hybr)

posted with amazlet at 04.11.16
JOHN HIATT
(2003/11/25)
売り上げランキング: 101,265
通常24時間以内に発送

Ry CooderとJim Keltnerが参加しているというだけで輸入盤に飛びつきました.
最初の目的は違いましたが,結局John Hiattの魅力に取り憑かれることになりました.

(以前アップしてDBトラブルで消失した原稿に一部加筆して再アップです)


John Hiattは,いわゆるMusician’s Musicianと言われるタイプのヒト.楽曲提供者としてもBonnie Reittなんかに書いていますね.最近ではなんとトリビュートアルバムがでているという,日本での知名度からは考えられない状況です.
このアルバムも発売当初は輸入盤しかなく,Deamonレーベルのもの.その後A&Mから国内盤がでたようです.そんな経緯で手持ちの盤はジャケットが今のと違うんですよね.
経緯はよくわかりませんが,手持ちのジャケットのほうが好きです.

Memphis in The Meantimeで幕を開ける本作の聞き所は,Lipstick Sunset~Have a Little Face In Meのスローバラード2曲の流れでは無いでしょうか?
Have a …のボーカルで一発でJohn Hiattのファンになりました.

Have a …は他にもカバーしているミュージシャン多いようです.手持ちではBill Firieselがインストですが,やっていますね.
アメリカン・ルーツ・ミュージックが好きなら,買って損のない一枚です.

最近のやつは,リマスタリングが施されている用ですし,SACDのハイブリッドもでている様なので,保存版として買い足すことも考慮ちう.けど,それよりも欲しい盤もあるしなぁ...迷います.

無人島に持って行く10枚の1枚になりうる名盤だと思ってます.


Also published on Medium.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。